神について書きます。
<<06   2017/07 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 31   08>>


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





むちゃくちゃオモシロイデス 見る価値 有り    日本の形





むちゃくちゃオモシロイデス 見る価値 有り    日本の形

そうしたころにレビの家のある人が行ってレビの娘をめとった。

 そしてその女は妊娠し,男の子を産んだ。

その子がいかにも麗しいのを見て,彼女は太陰月三月のあいだこれを隠しておいた。

 もはや隠しきれなくなった時,

彼女はその子のためにパピルスのひつを取り,

それに歴青とピッチを塗り,

子供をその中に入れてナイル川の岸辺の葦の間に置いた。

 さらに,その姉はその子がどうなるかを見ようとして少し離れた所に身を置いた。

 しばらく後,ファラオの娘がナイル川で水浴びをするために下りて来て,

その侍女たちはナイル川のほとりを歩いていた。

そして彼女は葦の茂みの中にあるそのひつを見つけた。

すぐに彼女は自分の奴隷女をやってそれを取って来させた。

 それを開けて彼女が見たのは子供であった。

しかも,男の子が泣いているのであった。

それを見た彼女は,「これはヘブライ人の子供です」と言いながらも,

その子に対して同情を覚えた。

 その時,その子の姉がファラオの娘に言った,

「行って,あなたのためにヘブライ人の女の中から特別に乳母を呼んで来ましょうか。

その人があなたのためこの子供に乳を飲ませるのです」。

 するとファラオの娘は言った,「行っておいで!」 

乙女は直ちに行って,その子供の母親を呼んで来た。

 するとファラオの娘は彼女に言った,

「この子供を連れて行って,わたしのためにこれに乳を飲ませてください。

わたしがあなたにその報酬を取らせますから」。

そこで女はその子供を連れて行って乳を与えた。

 そして子供は成長した。

それで彼女はその子をファラオの娘のところに連れて行き,

こうして彼はその息子となった。

そののち彼女はその子の名をモーセと呼んで,こう言った。

「わたしはこの子を水の中から引き出したからです」。





むちゃくちゃオモシロイデス 見る価値 有り    日本の形

PR
[36] [35] [34] [33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26]  

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
Trackback URL
<
Category
New Artical
 
ヘロデ王 (05/09)
New Comment
 
by  NONAME 11/18
by  はっちー&ハリー 08/23

[Login]  [Write]  [RSS]


カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[11/18 NONAME]
[08/23 はっちー&ハリー]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
アクセス解析

忍者ブログ [PR]
 Designed & Photo  by chocolate巧