神について書きます。
<<08   2017/09 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 30   10>>


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





むちゃくちゃオモシロイデス 見る価値 有り    日本の形





むちゃくちゃオモシロイデス 見る価値 有り    日本の形

マタイ

2 イエスが王ヘロデの時代にユダヤのベツレヘムで生まれたのち,見よ,東方からの占星術者たちがエルサレムに来て,

2 こう言った。「ユダヤ人の王としてお生まれになった方はどこにおられますか。わたしたちは東方に[いた時,]その方の星を見たのです。わたしたちはその方に敬意をささげるために参りました」。

3 これを聞いてヘロデ王は動揺し,全エルサレムも共に[動揺した]。

4 [王]は民の祭司長や書士たちすべてを集めると,キリストがどこで生まれることになっているのかを尋ねはじめた。

5 彼らは言った,「ユダヤのベツレヘムです。預言者を通してこう書かれているからです。

6 『そして,ユダの地のベツレヘムよ,あなたは決して,ユダの統治者たちの間で最も取るに足りない[都市]ではない。統治する者があなたから出て,わたしの民イスラエルを牧するからである』」。

7 そこでヘロデは占星術者たちをひそかに呼び寄せ,その星の現われた時を彼らから注意深く確かめた。

8 そして,彼らをベツレヘムに遣わす際にこう言った。「行ってその幼子を注意深く捜し,見つけたら,わたしのところに報告しなさい。わたしも行ってそれに敬意をささげるためである」。

9 王の[ことば]を聞いてから,彼らは出かけて行った。すると,見よ,東方に[いた時に]見た星が彼らの先を行き,ついに幼子のいる所の上方まで来て止まった。

10 その星を見て,彼らはこの上なく歓んだ。

11 そして,家の中に入った彼らは,その母マリアと共にいる幼子を見,ひれ伏して敬意をささげた。彼らはまた,自分たちの宝物を開き,[幼子]に贈り物を,金・乳香・没薬を差し出した。

12 しかし,ヘロデのもとに帰らぬようにと,夢の中で神からの警告を与えられたので,別の道を通って自分たちの国に退いた。

13 彼らが退いたのち,見よ,エホバのみ使いが夢の中でヨセフに現われて,こう言った。「起きて,幼子とその母を連れてエジプトに逃げ,わたしが知らせるまでそこにとどまっていなさい。ヘロデがまさに,この幼子を捜して滅ぼそうとしているからである」。

14 そこで彼は起き,夜のうちに幼子とその母を連れてエジプトに退き,

15 ヘロデの死亡までそこにとどまった。これは,エホバがご自分の預言者を通して,「エジプトからわたしは自分の子を呼び出した」と語られたことが成就するためであった。

16 その後,ヘロデは占星術者たちに裏をかかれたことを知って大いに怒り,人を遣わし,占星術者たちから注意深く確かめておいた時にしたがって,ベツレヘムとその全地域の二歳以下の男の子すべてを除き去らせた。

17 この時,預言者エレミヤを通して語られたことが成就した。こう言われていた。

18 「ラマで声が聞こえた。泣き悲しみと激しいどうこくが。ラケルがその子供たちのために泣き悲しむのであり,彼女は慰めてもらおうとはしなかった。彼らがもういないからである」。

19 ヘロデが死亡してから,見よ,エホバのみ使いがエジプトにいたヨセフに夢の中で現われて,

20 こう言った。「起きて,幼子とその母とを連れ,イスラエルの地に行きなさい。幼子の魂を求めていた者たちは死んだからである」。

21 それで彼は起きて,幼子とその母とを連れてイスラエルの地に入った。

22 しかし,アケラオがその父ヘロデに代わってユダヤの王として支配していることを聞き,そこに向かうことを恐れた。さらに,夢の中で神からの警告を与えられたので,ガリラヤ地方に退き,

23 ナザレという都市に来て住んだ。預言者たちを通して,「彼はナザレ人と呼ばれるであろう」と語られたことが成就するためであった。

マルコ

14 さて,このことがヘロデ王の耳に達した。[イエス]の名が公になり,人々は,「バプテスマを施す人ヨハネが死人の中からよみがえらされた。だから強力な業が彼のうちに働いているのだ」と言っていたからである。

15 しかしほかの者たちは,「あれはエリヤだ」と言い,さらにほかの者たちは,「預言者たちの一人のような預言者だ」と言うのであった。

16 しかしヘロデは,それを聞いて,「わたしが打ち首にしたあのヨハネがよみがえらされたのだ」と言いだした。

17 というのは,ヘロデは,自分の兄弟フィリポの妻ヘロデアに関することで,自ら人をやってヨハネを捕縛し,獄につないだからであった。それは,[ヘロデ]がその女と結婚していたからである。

18 ヨハネは,「あなたが自分の兄弟の妻を有しているのは正しくありません」と,繰り返しヘロデに言っていたのである。

19 一方ヘロデアは彼に恨みを抱き,殺してしまいたいと思っていたが,それができなかった。

20 ヘロデが,ヨハネは義にかなった聖なる人であることを知っていて,彼を恐れていたためである。そして[ヘロデ]は彼を安全に守っておいた。また,彼[の語ること]を聞いてからは,どうしたものかと大いに惑ったが,それでもなお彼[の語ること]を喜んで聞いていた。

21 ところが,都合の良い日がやって来た。ヘロデが自分の誕生日に,自分に属する高官,軍司令官,ガリラヤの主立った人々などのために晩さんを設けた時のことである。

22 そこへ,ほかならぬヘロデアの娘が入って来て踊りを見せ,ヘロデおよび共に横になっていた者たちを喜ばせた。王はその乙女に,「何でも自分の欲しいものを求めなさい。お前にそれを上げよう」と言った。

23 しかも彼は,「お前の求めるものが何であれ,わたしの王国の半分まででも,お前に上げよう」と誓ったのである。

24 すると彼女は出て行って,自分の母に言った,「わたしは何を求めたらいいでしょうか」。母は,「バプテスマを施す者ヨハネの首を」と言った。

25 [娘]はすぐ,急いで入って王のもとに行き,「バプテストのヨハネの首を大皿に載せて今すぐわたしにお与えくださいますように」と,自分の願いを申し出た。

26 王は深く憂えたが,[自分の]誓い,および食卓について横になっている者たちのことを考えて,彼女を無視してしまおうとは思わなかった。

27 それで,王はすぐに護衛兵ひとりを派遣し,[ヨハネ]の首を持って来るようにと命令した。そこで彼は行って,獄の中で[ヨハネ]を打ち首にし,

28 その首を大皿に載せて持って来た。そして,それを乙女に与え,乙女はそれを自分の母に渡した。

29 [ヨハネ]の弟子たちはこれについて聞くと,やって来てその遺体を引き取り,記念の墓の中に横たえたのである。





むちゃくちゃオモシロイデス 見る価値 有り    日本の形

PR
[1] [2] [3] [4] [5] [6]  
<
Category
New Artical
 
ヘロデ王 (05/09)
New Comment
 
by  NONAME 11/18
by  はっちー&ハリー 08/23

[Login]  [Write]  [RSS]


カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[11/18 NONAME]
[08/23 はっちー&ハリー]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
アクセス解析

忍者ブログ [PR]
 Designed & Photo  by chocolate巧